乱視 種類


乱視の種類

乱視は大きく分けて、正乱視と不正乱視に分けられます。
正乱視は、目のレンズにあたる角膜や水晶体が、縦・横・斜めのいずれか一定方向に歪んでいる状態です。コンタクトレンズ、眼鏡での矯正が可能です。乱視の方のほとんどは、正乱視だといえるでしょう。

正 乱視に対し、不正乱視は角膜の異常により発生することが多いです。その他にも白内障や、外傷による水晶体の亜脱臼、水晶体の疾患が原因となることがありま す。

目のレンズにあたる部分が不規則に歪んでいて、角膜の表面がでこぼこになっていたり、角膜の一部が突き出ているため、光が正しく屈折出来ず焦点が合わ ないのです。不正乱視はハードコンタクトレンズでのみ矯正が可能です。これは、角膜の表面のでこぼこの部分に涙が入り込むためです。

正乱視の人の角膜は、歪んで細長く楕円形になり、ラグビーボールのような形になってしまっています。そのため、焦点が一点に合わないのです。正乱視を、角膜の歪んでいる方向で3つの種類に分けることが出来ます。

角膜が上下の方向につぶれて歪んでいるのが直乱視です。角膜はラグビーボールを横に置いたような形になっています。乱視軸は0度、または180度です。縦に入った光が、横に入った光よりも先にピントが合う状態です。

角膜が左右の横方向に歪んでいるのが倒乱視です。角膜はラグビーボールを縦に置いたような形になっています。乱視軸は90度。乱視軸90度〜110度、70度〜90度の範囲も倒乱視になります。横に入った光が、縦に入った光よりも先にピントが合う状態です。

直乱視、倒乱視以外の乱視軸、ピントの合い方をするものが斜乱視で、角膜が斜めに歪んでいます。角膜はラグビーボールを斜めに置いたような形になっています。

このように、同じ正乱視でも3つに分けることが出来るのです。日本人には直乱視が一番多いと言われ、続いて倒乱視、斜乱視の順になります。

ご自分の目のことを正しく知るためには、乱視に対する正しい知識も持っていた方が良いと思います。コンタクトレンズや眼鏡を購入する際も、これらの知識を持っているのといないのとでは、理解度が全く違ってくると思いますよ。