乱視用コンタクト 価格 違い


乱視用コンタクトレンズの価格の違いについて

乱視のある方が視力矯正を行うためには、乱視用のコンタクトレンズを装用しなくてはなりません。近視用のコンタクトレンズでは、乱視の矯正は出来ません。乱視の入っていない通常のコンタクトレンズと、乱視用コンタクトレンズでは、価格の違いはあるのでしょうか?

一 般的に、乱視用のコンタクトレンズの方が、通常のコンタクトレンズよりも、価格は高くなります。コンタクトレンズメーカーからは、同じブランドで通常のコ ンタクトレンズと乱視用のコンタクトレンズが販売されている場合があります。

比べてみると、どれも乱視用コンタクトレンズの方が価格は高いです。取り扱う 販売通販店によっても価格の開きは違ってきますが、乱視用コンタクトレンズの価格の方が1.5〜2倍くらい高いというものが多いようです。

販売通販店に よって、もしくはメーカーによっては1.1〜1.3倍くらいのものもありますが、全体からみると少ないと思います。

では、なぜ通常のコン タクトレンズよりも乱視用コンタクトレンズは価格が高いのでしょうか。乱視用コンタクトレンズは通常のレンズと違って、近視や遠視だけでなく、乱視の矯正 も行う必要があります。

また、乱視の矯正には向きが関わってくるため、目の中でコンタクトレンズが回転してしまってはいけません。そのため、乱視用コンタ クトレンズの場合は、レンズの向きを安定させるための工夫も必要となります。

通常のコンタクトレンズよりも、色々と高度な技術が必要となってくるわけで す。そのため、通常のコンタクトレンズよりも、乱視用コンタクトレンズは価格が高めになってしまうのです。

眼鏡の場合は、価格の違いはどうなっているのでしょう。乱視の入っていない通常の眼鏡と乱視用眼鏡では、基本的に価格の差はないようです。最近では格安の眼鏡販売店もたくさんありますし、お値段のことだけを考えれば、眼鏡の方が経済的といえるかもしれませんね。

と はいえ、コンタクトレンズの便利さは捨てがたいですよね。コンタクトレンズに慣れた方が眼鏡をかけるのは、結構わずらわしいものです。コンタクトレンズで したら眼鏡のようなわずらわしさもありませんし、見た目も自然です。

乱視の方がコンタクトレンズを購入する場合、お値段は少し高めにはなってしまいます が、やはりコンタクトレンズの魅力は大きいと思います。