1DAYメニコン・トーリック 口コミ


1DAYメニコン・トーリック

普段はどんなに視力が低くても裸眼、もしくは眼鏡を着用し、コンタクトレンズを使用しない私ですが、音楽フェス好きで、フェス観覧をする時は必ずコンタクトレンズを使用するようになりました。

以前ライブハウスで眼鏡をかけてライブを観ていた時に、暴れる観客にぶつかられて落としてから、気を付けるようになりました。汗をかいてくもることや、ずれてくることも理由でした。曲に乗りながら、いつも眼鏡を気にして手で押さえたり、ずれを直したりしていました。

盛り上がる人混みでひしめき合ってもぶつかり合ってもコンタクトなら遠くまでクリアに見えますし、相当な無茶をしない限り、簡単には落とす心配もありません。大変便利です。

初めての使用ということでアイシティに行きましたが、まずは眼科を紹介されてそこに行きました。視力検査や問診のあと、眼の形をチェックしてもらったり、コンタクトレンズへの適性を測ってもらったりして楽しかったです。

最後はコンタクトレンズの装着を実際にしてみる練習もありますし、装用の注意も、不安に思っていることの質問への対応も含めてとても丁寧に行ってくれます。眼科で処方箋をもらった後、またアイシティに戻り、今度はコンタクトレンズを用意してもらいます。

私は極度のガチャ目、右が0.01以下、乱視も入っていて、左が0.4程度の視力なので、左右のコンタクトレンズの取り扱いの説明を受けました。間違えないように、箱にもスタバのコーヒーのように、マジックで大きくR、Lと書いてくれます。

ちなみに使用することになったレンズは、乱視用のメニコンワンデーである1DAYメニコン・トーリックです。

以降、フェスの内容だけでなく、会場に行ってTシャツに着替えるほか、コンタクトレンズをいそいそと着けることまでがなんだか楽しみになってしまいました。ハッキリ言って経済的なことを優先して使い捨てを数日使用する人もいるようですが、使い捨てはちゃんと1日で使い捨てたほうがいいですよ。

ちなみに、何度も装着に失敗したり、眼に入れる前に何度も裏返ってしまったりしたレンズも使用しないほうがいいです。潔さや清潔さが求められますね。