メダリスト・ワンデープラス乱視用 口コミ


メダリスト・ワンデープラス乱視用

わたしはかなり強度の近視+乱視持ちです。裸眼だと多分、左右どちらも0.1以下しか視力がありません。普段はメガネ生活なのですが、スポーツをするとき、特にスキーの時にはソフトコンタクトを使用します。

使い始めた動機はいたって不純(?)で、普通のスポーツサングラスをかけたかったから。スキーの際にゴーグルを使うのが好きじゃなくて、かといって、メガネの上からかけられるオーバーグラスタイプのサングラスにはあまりかっこよいものがなくて、なら普通のスポーツサングラス使うためにコンタクトにするしかないかなぁ、ぐらいの軽い気持ちで使い始めました。

実は今の使い捨てタイプのソフトコンタクト(メダリスト・ワンデープラス)にする前に、使い捨てではないタイプの乱視用ソフトコンタクトを使用していました。

そちらはソフトコンタクトにしてはレンズのコシというか張りが強く、装着がとても楽だったのですが、今使ってるボシュロムのメダリスト・ワンデープラスはごく一般的なソフトコンタクトと同様にとても薄くて柔らかく、入れるのはかなり大変だったりはします。

わたしがコンタクトレンズ入れるのが特に下手くそだ、というのもあるのですが。その代わり装用感は非常に良く、一度きちんと入ってしまえばゴロゴロするような異物感は一切と言っていいほどありません。このあたりは以前使っていたものとは大違いです。

ソフトコンタクトの面倒な部分の一つはレンズのケアだった訳ですが、1日使い捨てタイプだとその心配が全くなくなるので、その点は非常にありがたいです。

また、わたしのように普段はめがね生活で、特定の時のみコンタクト使用というかたちだと、使い捨てタイプのコスト面でも特に気になることはなく、片目分30枚もあると、数年程度は使えてしまうことになりそうです。場合によってはその間に目の度数の方が動いてしまうかも。

わたしなんかはそろそろ老眼も入って来つつありますし。スポーツ以外でも、カメラのファインダーを覗くときなどはメガネがうっとうしい場合もあるので、わたしはもう少しコンタクトを有効活用してもいいのかもしれません。


⇒ メダリストワンデープラス乱視用を買うならレンズアップル