乱視


乱視とは

コンタクトレンズや眼鏡を作る時に、「乱視」という言葉はよく出てきます。実際に乱視だという方も多いでしょう。でも、「乱視とは?」と聞かれると、よくわからなかったりしますよね。ここでは、「乱視」についてご説明しましょう。

乱視とは、簡単に言ってしまえば、目のレンズにあたる角膜や水晶体がゆがんでしまい、焦点が合わなくなってしまっている状態です。近距離・遠距離に関わらず、どこにもピントが合わない状態なのです。

乱視の場合は見る場所によって見え方が違ってきて、縦方向ははっきり見えるけれど縦方向はぼやけたり、またはその逆や、全体的にぼやけて見えたりします。近視だけの場合よりも、さらに全体的にぼやけた見え方になるようなイメージです。

乱 視の場合は、明るさによっても見え方が変わってきます。人は物を見る時に、暗い所では瞳孔が開きます。瞳孔が開くと広い範囲から入ってきた光が網膜上で結 像するため、網膜上の像も広がりやすくなります。逆に明るい所ですと瞳孔が小さくなるので、網膜上の像も広がりにくくなり、ピントがずれていても像がぼけ にくくなるのです。

じつは、ほとんどの人が乱視であるといわれています。目に全く歪みがないという方が、不自然なことなのです。ただ、乱視の程度が軽ければ日常生活に問題がないので、矯正の必要がないのです。

乱 視の程度が軽い場合は、網膜上のぼやけた像が、脳内でクリアな像に修復されるのです。人間の力って、すごいですよね。ただ、乱視の程度が強い場合は、この 修復機能でも修復しきれなくなってしまうのです。このような場合は、コンタクトレンズや眼鏡での矯正が必要になってきます。

近視だけの場 合より、これに乱視が加わると、さらに見えずらくなってしまいます。また、乱視が強くてピントが合わないと、目は一生懸命ピントを合わせようとするので、 目の筋肉を動かし続けてしまいます。そして、これが疲れ目の原因にもなってしまうのです。乱視の強度が強い場合は、コンタクトレンズや眼鏡できちんと矯正 をすることが必要なのです。